支部大会において特に農芸化学の発展に寄与すると認められた一般講演に対し、2017年度より優秀発表賞を授与しています。対象は、口頭・ポスターの講演形態に関わらず、講演者(登壇者)が当支部区域を活動拠点とする大学院生または学部生であって、当会員資格を有するものに限ります。選考の方法は、講演の内容に基づき選考委員の審査により行われ、その中で評価の高い若干数を表彰します。なお、授与される賞状は全ての支部を通じて共通の様式が用いられ、支部長の推薦に従って学会長が授与者となります。

2020年度優秀発表賞

2020年11月28日(土)にオンラインで開催の2020年度関東支部大会において、優秀発表賞を以下の8名に決定しました。

横山 友香 (東理大・院基・生工)
「新規免疫抑制化合物の探索とその作用機序の解析」

藤井 靖之 (芝工大院・シス理)
「カテキンオリゴマーは青斑核-ノルアドレナリン作動性神経網を介して脳を活性化する」

宇田川 裕多郎 (早大院・先進理工)
「新奇UV吸収剤の開発を指向した藍藻由来色素スキトネミンの合成研究」

東海 芙美子 (筑波大院・生命環境)
「オートファジーを制御する天然由来化合物の探索」

辻 晴佳 (筑波大院・生命環境)
「共培養により誘導されるAspergillus nigerの色素生産と生合成遺伝子の解析」

川合 誠司 (東大院・農生科・応生工)
「放線菌が生産するジアゾ基含有トリペプチドalazopeptinの全生合成経路の解明」

谷内田 優史 (筑波大・生命環境)
「新規L-glucose資化細菌Luteolibacter sp. LG18株のL-glucose代謝機構の解析」

坂巻 裕 (東農大院・バイオ)
「シアノバクテリア高発現ベクターの開発とそれを利用したストリゴラクトン生産系の構築」

 
過去の優秀発表賞の受賞者

2019年度優秀発表賞

2018年度優秀発表賞

2017年度優秀発表賞

2016年度以前の受賞者